ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在の位置
ホーム
村政情報
村長室より
2012年
村長室より2012年5月号

村長室より2012年5月号

更新日:2012年05月18日

村長室より2012年5月号.png

本年度津軽ダム190億円予算で本格工事!

早期完成へ向け本体建設工事が最盛期を迎える。
引き続き、村内への経済効果と地域雇用に一定の貢献がなされるよう、国交省やJVと緊密な連携をとりながら、行政と議会・関係団体が結束して努力してまいります。

 先般、本年度の津軽ダム本体建設工事コンクリート打設の安全祈願祭が挙行されました。津軽ダム工事事務所・谷田所長はじめ、JV中上所長、工事関連業者の方々のご尽力により、コンクリート打設が本年度から最盛期を迎えようとしており、あらためて関係者の方々に心から感謝申し上げます。

 特に、村内雇用関係においては、発掘作業をはじめ、ダム関連工事における村民土木従事者及び国交省・JVなど事務所関係、下請け工事作業、ワークステーション食堂・清掃関係、工事の交通誘導・警備等すべてで100名に近い村民が仕事を得て働いております。これに、ダム建設に伴う林道・村道整備工事の村内建設業者も含めると、村内人口の1割に近い人々が毎日津軽ダムに関わっていることになります。さらに、本体着工から3年半で村内土木業者の学校解体や林道工事など、ダム関連施工実績が8億円(本年度含む)にもなることがわかり、その地域経済・雇用の波及効果は絶大なものがあります。

 これからも津軽ダム早期完成に向け村内融和を第一に、行政と議会そしてすべての村民が心を一つに頑張れる環境づくりに邁進してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ